●New Products●Topics ●最新情報
 
 
BFJ産業支援事業 報告
       うちわ事業担当責任者 原田昌彦(ブッダ基金副理事長)
<はじめに>
 2005年4月3日より10日までネパール、カトマンドゥに於いて予めの計画に従い「うちわ」の製作トレーニングを実施して参りました。現地への派遣は、事業責任者の原田と、うちわ制作の指導者、香川県丸亀市のうちわ工房「竹」に所属する、うちわの専門家である浅野先生と二人で出掛けました。以下現地での出来事を、日を追う形で日記帳的に報告します。
<4月3日カトマンドゥ到着>
 3日現地時間午後10時に定宿のシャングリラホテルに入る。ラミチャーネ夫妻がエァーポートまで迎えに来てくれる。ホテルには、NPO「ロクタの森」の理事長、井林さん、カウンターパートのプルショッタム・トゥリパティさんも迎えてくれました。今回の事業が成功する為には、この二人の力を借りなくてなりません。それを考えながら、夜時間も遅かったのですがレストランで軽食を頂き、各々部屋に向かいました。
<4月4日-トレーニング準備の日>
 浅野先生は朝から道具、部品などを点検、足らない道具などを書き出し、夕方よりのカトマンドゥ市内にての調達に備える。その後、NPOワールドフレンドシップインターナショナルネパール(WFIネパール)の面々を紹介されたあと今回のプロジェクトに付いての事前会議を行う。昼食をご馳走になる。午後2時より今回のトレーニングの生徒さん10人とコーデネイター3人、井林さんなど全員17名で顔合わせと今回の目標、目的、予定を確認させていただき、その中で『「うちわ」のルーツは300年以上に及び、そのころから日本の生活の中で使用されてきました。その長い間、製造工程は、人から人へ伝えられ今もこの様に此処に有りますその長く伝えられてきた「技」を4ヶ日間の短い期間で伝えます。皆さんにはこの先リーダーになって頂きたいので、基礎からしっかり覚えて下さい』と挨拶しました。全員にロゴ入りTシャツに着替え、一言づつ挨拶してもらい気合を入れました。4時過ぎお茶を飲んで本日は散会。夜は街でチベット料理を食する。豆腐、魚などティーが美味しかった。
 
 
<4月5日トレーニング初日>
 8時30分には全員集合、まず、ネパールの習慣であるカジャ(お茶)を頂き、9時よりナマステの挨拶で始める。浅野先生を中心に10人が車座になって座りネパール産の竹を割ることから始める。竹の種類で5?6種類を集めて貰えるよう依頼して有りましたが1種類しかなく急遽無理を言って集めてもらう様に要請しましたが結局浅野先生が満足する竹は集まりませんでした。帰国後、井林さんからゴカルナの森にある竹で、「タル」という品種を来週(4月24日以降)までに彼らがそれを取りに行って来ます。と報告を受けています。反省としては 何のために竹の種類を集めるかが理解が得られていなかった為と思われます。その後、最初の難関、「割き=ワキ」の技術を指導する。熱心に全員取り組む、ラミチャーネ君、(ラミさんと略します)プルショッタム君、(プルさんと略します)井林さんと私の4人は、コーデネイターです。プルさんは日本語を良く理解しており技術方面を浅野先生と10人の生徒との間に入り通訳を懸命して頂きました。10人は時計回りに一人ひとり先生の右隣で手さばきを修得していきます。道具の調整、手付き(刃物などの持ち方)などの指導を受けました。竹が硬く作業が困難な面が有りましたが、無事に午後4時にて本日は終了。カジャを頂きまたあしたへ・・・・5時30分より シャンカーホテルにて カンティプルRCへメイキャップに出掛ける。会員38名、女性会員4人いました。「うちわ」のプロジェクトの件を演台にて説明する、井林さんにも「ロクタの森」について卓話を、プルさんに通訳をお願いする、翌日二人のロータリアンと家族の方がシャングリァホテルへ見学に見えてくれました。
 

 

 

 

 

 
                         All Rights Reserved,Copyright (C)2004,Shiruku Printing Co.,Ltd.